冬のガーデニングに挑戦してみたいなあと思って、園芸店に行ってみると、たくさんの花の苗があって悩んでしまうことってありますよね。
どちらかというと花が少なく、淋しい感じのする冬のガーデニングですが、寒さに強い花もたくさんあります。
冬の寒さでも元気に咲く花を育てて、冬のガーデニングを楽しみたいですね。
どのような花が冬のガーデニングに適しているのかをブログやサイトなどで調べてみました。
ブログやサイトでは冬のガーデニングで気を付けなければいけないことなど様々な情報があって、これから挑戦しようと思っている人には参考になるのではないでしょうか。
水やりの方法など夏と冬のガーデニングでは少し違うので、知らないと花を枯らせてしまうことにもなります。
冬のガーデニングに挑戦する前に、まずはブログやサイトなどで基本的なポイントを押さえておくといいですね。
冬のガーデニングに適した花のひとつが、スミレ科のパンジーやビオラで、耐寒性に強く、秋から春にかけて花を楽しむことができます。
赤や白、黄色や紫な花の色も豊富なだけでなく、11月から6月ごろまで長期間にわたって冬のガーデニングを楽しむことができます。
パンジーやビオラは害虫にも強いため、冬のガーデニング初心者の人にも育てやすい花としてよく知られています。
また、赤やピンクの花の可愛いガーデンシクラメンも寒さに強く、冬のガーデニングには適しています。
ガーデンシクラメンは10月から5月ごろが開花時期となっていて、真冬でも凍ってしまわない限りは雪にも耐えられる冬のガーデニングにぴったりの花です。
10月から12月に白や黄色の花を咲かせるウィンターコスモスもお手入れがそれほど難しくなく、冬のガーデニングにおすすめです。
冬のガーデニングではよく見かけるウィンターコスモスですが、コスモスと似た花ではあるものの、実際はコスモスとは違う属種の花なんですね。
冬のガーデニングにお勧めの花は他にもアリッサムやカランコエ、ノースポールなどたくさんあります。
マーガレットって春から初夏の花だと思っていたのですが、冬のガーデニングで育てやすい花だと知って驚きました。
マーガレットの育て方はそれほど難しくないようですが、冬のガーデニングで育てる場合は比較的暖かい場所の方が適しているようです。
冬のガーデニングを楽しみしみながら、春に向けて球根を育てるのもいいかもしれませんね。
プランターのパンジーやビオラの中にチューリップなどの球根を植えておくと、冬のガーデニングとしても楽しめ、また春になると豪華なプランターになります。
寒さにも強いパンジーやガーデンシクラメンなどの花を育て、冬のガーデニングを楽しみませんか。