冬のガーデニングでは、戸外でお花を育てるだけでなく、屋内で観葉植物を育てている人もいるのではないかと思います。
観葉植物ってどちらかというと熱帯の植物が多いので、冬のガーデニングで育てる場合、温度調節など難しいのではないかと思ってしまいます。
でも、お部屋の中に少し観葉植物があると、ほっと落ち着くので、小さい観葉植物でもいいからお部屋に置いておきたいですよね。
観葉植物はどうやって冬越しをすればいいのか冬のガーデニング方法について、ブログやサイトなどで調べてみました。
冬のガーデニングで観葉植物を育てる場合、寒さ対策が大切なポイントとなってきます。
品種によって耐寒性が違ってきますが、5度から10度ぐらいまでなら耐えられる観葉植物も多く、室内で冬のガーデニングをすることができます。
観葉植物について紹介しているサイトなどでは、それぞれの耐寒温度も一緒に表示されていることが多いので、冬のガーデニングをする場合に参考になります。
冬のガーデニングで熱帯性の観葉植物を育てる場合には、日照不足を避けるため、できるだけ明るい場所に置いておくことが大切です。
冬の観葉植物の状態というのは、動物に例えると冬眠状態のような感じで、あまり活発に根を動かさなくなります。
根を動かさないということは、あまり水を吸収しなくなるので、冬のガーデニングでは、水やりにも気を付けることが必要になります。
冬のガーデニングで観葉植物に水を必要以上にやり続けると、根が吸収しないため、土の中が過湿状態となってしまいます。
冬のガーデニングで観葉植物を育てている人の中には経験があるかもしれませんが、水やりをしすぎると根腐れを起こしてしまうんですね。
観葉植物は冬のガーデニングの場合は、水やりを控えめにし、少し乾燥気味にするのがポイントとなってきます。
室内で冬のガーデニングをしている場合には、暖房で葉が乾燥してしまうこともあるので、時々霧吹きなどで葉水を与えるようにしましょう。
冬のガーデニングではどんな観葉植物が人気なのかをブログやサイトなどで調べてみました。
寒い冬になると特に人気になる観葉植物のひとつがゴールドクレストで、クリスマスの時期などになると本当によくみかけますよね。
冬のガーデニングで人気のゴールドクレストは針葉樹に属していて、葉っぱの匂いをかいでみるとオレンジのような、サンショウのようないい香りがします。
ゴールドクレストは調べてみると、リフレッシュ効果や消臭・脱臭効果、抗菌・防虫効果があって冬のガーデニングにおすすめです。
また、ゴールドクレストは低温に強いため、鉢植えとしてだけでなく、屋外での冬のガーデニングにも適しています。
ブログやサイトなどで冬のガーデニングにぴったりの観葉植物を探してみましょう。