冬のガーデニングを楽しむには、いくつかの気を付けなければならないポイントがあります。
そのうちのひとつが水やりですが、これは冬のガーデニングに限らず、植物を育てる時には大切なことです。
私はどんな植物でも土が乾いたら水をあげるものだと思っていたのですが、冬のガーデニングや夏のガーデニングなど季節によって水やりの仕方が変わってくるんですね。
水やりには、夏でも冬のガーデニングでも植物の根に水を吸収させたり、根が呼吸するための酸素を供給したりといった役割があります。
また、葉に付着した埃を落としたり、冬のガーデニングではあまり関係ないかもしれませんが、高温になった土の温度を下げたりといった役割もあります。
夏の場合は、朝の涼しい時間にたっぷりと水やりをしても、夕方までに土が乾くこともあるため、夕方にも水やりをすることが多いのではないかと思います。
でも、冬のガーデニングで朝夕と水やりをしてしまうと、植物を枯らしてしまう原因にもなることがあります。
冬のガーデニングでも夏のガーデニングでも水やりをする時間の基本は朝となっています。
夏の場合は朝夕と2回水やりを行うことが多いのですが、冬のガーデニングは夏に比べると回数も少なくなります。
冬のガーデニングで夏と同じように朝夕と水やりをしてしまうと、根が腐ったりして逆に枯らしてしまうことがあるので注意が必要です。
そして、冬のガーデニングの場合は、土が乾いたらすぐではなく、晴れた日の朝に水やりをするのがポイントです。
なぜ、晴れた日の朝に水やりをするのかというと、真冬の夕方に水やりをして気温が下がってしまうと氷になることがあるからです。
夏には水がお湯になることを気を付けるのと同じように冬のガーデニングでは、植物が凍傷にならないように気を付けることが大切です。
冬のガーデニングでは、できるだけ暖かい晴れた日の朝で気温が上がり始める前に水やりをするようにしましょう。
冬のガーデニングでは、植物によって水やりの回数や量なども変わってきます。
冬支度をしている植物であれば、動物の冬眠のような状態なので、それほど水やりは必要ありません。
しかしながら、冬のガーデニングで綺麗に花を咲かせている植物は活動をしているので、ある程度の水を必要とします。
また、冬のガーデニングで春先に向けて球根を育てている場合にも、芽は出ていなくても活動をしているので、しっかりと水やりをしましょう。
その他、観葉植物など水やりだけでなく、温度にも気を付ける必要がある場合もあります。
夏でも冬のガーデニングでも、植物が必要としている時に、必要な量の水やりをすることが大切なんですね。