冬のガーデニングと聞くと、なんとなく春や夏に比べて色合いなどが淋しいようなイメージがありませんか。
でも、ブログやサイトなどで冬のガーデニングについて調べてみると、色々な花が楽しめるんですね。
戸外で冬のガーデニングを楽しむ場合には、耐寒性のある花を選ぶ必要があります。
ガーデンシクラメンやクリスマスローズ、パンジーなどは、戸外での冬のガーデニングに適した花となっています。
また、冬のガーデニングといえるかどうかは微妙ですが、屋内でも鉢植えなどで花を楽しむことができます。
サイネリアやシクラメンなどは花が咲いた状態で鉢植えで売られているので、好みの花の色などを選ぶことができます。
また、アマリリスは球根が鉢にセットして売られていることが多く、すでに咲いている花の鉢植えよりは冬のガーデニングを楽しめるのではないかと思います。
冬のガーデニングで、すぐには花を楽しめないけど、春に向けて球根を育てている人も多くいるのではないかと思います。
スイセンやチューリップなど秋植え球根と呼ばれるものは、冬にある程長時間低温にあてておかないと花芽がつきにくくなります。
冬のガーデニングで、秋植え球根を植える場合には通常は10月から11月ごろまでに球根を植えます。
しかしながら、東北地方など寒さが長い地方では、12月ごろまでに植えても大丈夫な球根が多いようです。
冬のガーデニングとして、スイセンなどの球根を植えて、春先にたくさんの花を楽しむのもいいですよね。
スイセンやチューリップの他にもクロッカスやヒヤシンス、ユリ、ムスカリなどが秋植え球根で翌年の春に花を咲かせてくれます。
秋植え球根の植え方などは冬のガーデニングに関するブログやサイトなどで詳しく説明されているので、参考になります。
冬のガーデニングで球根の植え方を調べてみると、重ね植えや隠し球根という植え方がありました。
重ね植えは、クロッカスとチューリップなど2種類以上の球根を層にして植えることで花が次々と咲き、豪華な印象になります。
また、隠し球根は冬のガーデニングとしてパンジーやビオラなどを植えるのですが、その下にチューリップなどの球根を植えこみます。
球根だけを植えると春まで土だけで淋しいですが、パンジーなどを一緒に植えれば、冬のガーデニングも一緒に楽しめますよね。
また、春になると2段重ねでパンジーやチューリップなどを楽しめるのがいいですね。
春に向けて球根を育てながら、冬のガーデニングを楽しみましょう。