冬のガーデニングの楽しみ方は、人それぞれでしょう。
これといった決まりはないので、冬のガーデニングは自分自身で考えて工夫し、楽しみを見つけると良いと思います。
冬のガーデニングの楽しみ方は人によって異なり、花を楽しむ方もいれば、野菜を育てて収穫を楽しみとする方もいます。
そして、冬のガーデニングの楽しみ方として、土を育てる方もいます。
冬のガーデニングで土をしっかりと育てると、春からキレイな花を楽に咲かせることができるので、それを楽しみとする方がいるのです。
花はもちろんのこと、物事というのは土台が肝心ですから、冬のガーデニングの楽しみとして、土を育てることは大変オススメです。
春からの花を楽しみとして、冬のガーデニングで土をしっかりと育てれば、丈夫でキレイな花を咲かせることができるでしょう。
冬のガーデニングで私は、二十日大根の収穫を楽しみにしています。
二十日大根は秋まきですが、冬のガーデニングで私は冬にタネをまき、収穫を楽しみとしているのです。
我が家には庭がないので、冬のガーデニングではベランダにプランターを置いて、二十日大根の収穫を楽しみにします。
我が家のベランダは、冬の寒い時期とはいっても霜が降りるほどに寒くはならないので、冬のガーデニングで二十日大根の収穫を楽しみにできるのです。
二十日大根以外に、私は冬のガーデニングでネギを育てて食べることを楽しみにしています。
ネギは種を買ってきてまくのではなく、スーパーで買ってきた長ネギの根っこの部分を切り落とし、それをプランターに差し込んで、冬のガーデニングをしています。
ネギの青い部分は食べないという方には、冬のガーデニングの楽しみにはならいかもしれません。
冬のガーデニングで、春以降の花や野菜を楽しみにして、土を育てる方もいます。
ネギの青い部分も食べる家庭なら、冬のガーデニングで長ネギを育て、食べることを楽しみにできるでしょう。
土をしっかりと冬のガーデニングで育てると、柔らかい土になり、野菜や花の根が張りやすくなって丈夫に育つようになります。
ですから春からの収穫や花見を楽しみに、冬のガーデニングで土を育てる方がいるのです。
冬のガーデニングの土の育て方次第で、花が丈夫に育つかどうかが決まるといっても過言ではありません。
ですから、花や野菜が丈夫に育ち、そして収穫するのを楽しみとして、冬のガーデニングをするのも良いと思います。